フレンチレストランの種類。フランス料理店にはさまざまな飲食形態がある

「フレンチレストラン」といっても、実はさまざまな飲食形態があります。フランス料理といえば、スーツやドレスを着て、マナーや作法を守ってかしこまって食事をするお店だと思われていませんか? 実はそんなことはありません。カジュアルにフランス料理を味わえるお店もあります。今回はフレンチレストランの飲食形態の種類についてお話していきます。

フレンチレストランの種類

それではこれからフレンチレストランの種類についてご紹介していきます。

ビストロ

レストランアミュゼ フレンチ フランス料理

「ビストロ」という言葉は日本でもよく聞く言葉だと思います。しかし、意味を知らない方は多いのではないでしょうか。ビストロはいわゆる大衆食堂のことで、気軽に利用できる小レストランを意味します。ドレスコードも年齢制限もなく、カジュアルで形式や作法を気にしないでおいしいお酒や食事を楽しめます。

特徴としてはメニューを黒板にチョークで書いてあることが多く、庶民的な料理がメニューであることが多く、地元の名産品を使用した郷土料理が提供されることもあります。

ビストロの言葉の由来はロシア語の「ビストロ(早く!)」が由来だと言われています。レストランよりも気軽に軽食や郷土料理を味わえるのが「ビストロ」です。

価格もリーズナブルで店内も温かみと気兼ねのない雰囲気で、現地のフランス人も食事をするために気軽に利用しています。

ブラッスリー

ブラッスリーは、ビールやワインといったお酒が楽しめるカジュアルで大衆的な居酒屋のことです。ドレスコードも年齢制限もなくお酒を飲みながら軽食を楽しめるカジュアルなフレンチ店です。

ブラッスリーという単語は、「ビール製造所」を意味し、もともとはアルザス=ロレーヌ地方からの難民がドイツ人向けに開いた飲食店で、当初はビールやワインを提供していました。

アルコールに合う軽い食事も楽しめますが、食事よりもお酒をメインに楽しむ飲食店です。

カフェ

コーヒーやお酒を扱っている店です。クロックムッシュ、ムールフリット、サラダといった軽食も出されます。ドレスコードもないので、気軽に立ち寄ることができます。

レストラン

レストランアミュゼ イタリアンとフレンチ

日本では飲食店はレストランと一括りにしてしまいがちですが、フランス料理でレストランとつくものは、ある程度格式があるお店です。種類は中級から高級店までさまざまで、価格やメニューの品質は千差万別です。店によってはドレスコードや年齢制限があることもあります。普段使いのお店というよりは、デートや祝い事のときに行くという位置づけです。

オーベルジュ

オーベルジュとはフランス語で「旅籠」という意味で、郷土料理を提供するレストラン付き宿泊設備という意味です。つまり、オーベルジュは宿泊設備を持つレストランのことです。

シェフが新鮮な素材を使用した郷土料理を提供したいという想いから、郊外でレストランをオープン。遠路からはるばるやってきた客が食事とともにワインを嗜み、車で帰宅するのが困難になったことから、レストランの2階や居住スペースを提供し、もてなしたというのがオーベルジュの始まりと言われています。

オーベルジュは郊外や観光地やリゾート地に多い飲食形態です。こちらもカジュアルな店というよりは、中級から高級の格式である場合が多いです。レストラン同様、ドレスコードや年齢制限も店によってはあります。

オーベルジュは、宿泊業がメインではなく、飲食業がメインですので、オーナーシェフの場合が多いです。宿泊施設もレストランの規模に合わせて作るので、客室数が少ない傾向にあります。

最近では、食事を提供しない名ばかりのオーベルジュや、宿泊施設を備えていないのにオーベルジュを名乗っている施設もあるので、利用には注意が必要です。

グランメゾン

グランメゾンはいわゆる最高級フランス料理店のことです。グランメゾンは日本には20件ほどしかないとされています。グランメゾンという言葉は和製フランス語で日本でしか使われておらず、本場フランスでは使用されていません。ミシュラン3つ星クラスのレストランを指す言葉として日本ではグランメゾンが使われています。

ドレスコードは、男性はスーツにタイ着用が基本で、女性はワンピースもしくはドレス着用が基本です。また年齢制限を設けているところがほとんどですので、子供は連れていけないと考えたほうがいいでしょう。またウェディングバーがあり、専門のシェフがいるという特徴があります。気軽に行ける店ではないため、ハードルが高いかもしれません。

日本ではそれほど厳密に分けていない場合も多い

ここまで、フレンチレストランの種類をご紹介しました、日本では厳密に違いを設けていない場合も多いです。特にビストロやブラッスリー、レストランなど、その線引きが曖昧になっています。必ずしも厳密な違いがあるわけではないので、今回ご紹介した飲食形態はあくまで店を選ぶときの参考程度の基準にしていただければと思います。

まとめ

今回の記事ではフレンチレストランの飲食形態の種類についてご紹介しました。この記事を読んで、あなたのフレンチレストランについての知識がより深まり、よいフランス料理店選びの参考になれば幸いです。

「レストラン アミュゼ」は熊谷にあるフレンチレストランです。カジュアルな雰囲気でお酒と食事を楽しめます。創業から約20年のお店で、根強いファンの皆さまから愛されています。

新鮮な素材を使用したおいしい料理とお酒を提供し、お客様にお楽しみいただいております。気軽にフランス料理を楽しめる店ですので、ご興味がある方はぜひ一度「レストラン アミュゼ」へお越しください。

2020年7月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031